2011年5月

2011年度スピードチェレンジの幕開けです!

2011年5月25日
こんにちは。

5月21日(土)、初夏を思わせる陽ざしのなか、
2011年度のWGHランニングクラブ練習会がスタートしました。

第1回目は、舎人陸上競技場でのスピードチャレンジです。

ground2.jpg
トラックからは舎人ライナーが見え、なんとものどかな雰囲気。

コーチはおなじみ平塚潤さん、砂田貴裕さん、そして安田裕司さんです。
WGH Proを飲んだ後、まずは軽く2周のジョグ。

jog_up.jpg
up02.jpg
続いて、もも上げや踵をお尻につける動きづくりなどで、
全身の可動域を広げます。

up03.jpg
3本流しをして、いよいよスピード練習です。

今日は8割くらいの力で5000m走り、
休憩を挟んだ後に、1000m追い込んで走るというメニュー。


1km4分切りを目指すグループ、4分半のグループ、5分のグループの
3つに分かれました。

驚いたのは、4分切りを目指す方々が一番多かったこと!
参加者の半数ほどが、名乗りをあげました。

group_A_01.jpg
4分切りを狙うグループ。

group_B_01.jpg4分半のグループ。

group_C_01.jpgこちらは5分のグループ。

5分間の休憩をとって、スタートです。
       
group_A_img01.jpg
group_A_img03.jpg
group_B_img.jpg
group_C_02.jpg
この日の気温は26℃でしたが、トラック内は照り返しが強く
体感温度はそれ以上だったと思います。

秋のレースに向けて、この日からスピード練習を開始した方も多かったためか、
苦しそうな表情が目立ちました。

それでもみなさん、粘り強い走りをされていました。

ラストはそれぞれビルドアップ!

group_A_img04.jpg
鮮やかな黄色いウェアで走るこの女性。
どこかで見たことがあるな・・・と思われた方もいらっしゃるのでは?

現在発売中のランニング雑誌の表紙を飾られている、鈴木莉紗さんです。

昨年のスピードチャレンジから参加してくださっています。
それまでは一度もトラック練習をしたことがなかったそうですが、
この1年で瞬く間に成長され、今では見事サブスリーランナー!

5000last4.jpg
暑くても、最後まで粘ります。

gogo.jpg
苦しくなっても諦めないよう、激励するコーチ陣。

5000last1.jpg
group_A_img05.jpg
5000last3.jpg
time.jpg
走りきった後は、10分間の休憩です。

給水したり水をあびたりして、しばし体を休めます。

rest2.jpg
そして、1000mのスタート。

まずは3分台のグループから。

LAST_start.jpg
exvision03.jpg
続いて、4分から入って3分半まで上げるグループもスタート。

last_group.jpg
1000m走り終えた後は、全員でゆっくりとダウンジョグ。

トラックの外側の芝生を走って、体をリラックスさせます。

down_jog.jpg
凝り固まった体をほぐすためにストレッチ。

strech.jpg
「みなさん、良い刺激が入ったでしょうか?」と平塚コーチ。

after03.jpg
参加者の方から、
「スピードを上げると、どうしてもストライドが広くなりすぎてしまうが
 どうしたらよいか」
という質問があがりました。

「そういう場合は歩幅を広げるのではなく、ピッチを上げるよう
 意識して走ってみてください」
とのこと。

最後に、実業団選手や箱根駅伝出場校のランナーが数多く通う
佐々木整骨院にお勤めの安田コーチから、
「これから暑くなると貧血になるランナーが増えます。食べ物など、
 ぜひ工夫してみて下さい」
とのアドバイスもありました。

これにて、第一回目のスピードチャレンジは終了です。

みなさん、お疲れさまでした!


今週末は荒川河川敷にて、ウルトラマラソン向けロング走を開催します。

こちらのレポもどうぞお楽しみに。
(WGHRC事務局 千葉)



TOPPAGE  TOP