2011年1月

湘南国際マラソン、WGHRCの小田有希子さん女子3位入賞

2011年1月27日

皆様こんにちは。WGHRC事務局です。2011年もよろしくお願いいたします。

さて、WGH Proがサポートしていた123(日)の湘南国際マラソンには、たくさんのランナーの方が出場されたことと思いますが、

宮古島ウルトラチャレンジャー1期生で、WGHRCのメンバーでもある小田有希子さんが、見事、女子3位に入賞しました!

小田さんから完走レポートが届きましたので、早速ご紹介させていただきます。


WGHメンバーとして出走することになった湘南国際マラソンでは、優勝を目指して走るつもりでいました。優勝すれば新聞に写真や名前が大きく載って、両親はきっと大喜びしてくれるから。でも...

湘南国際マラソンのちょうど3週間前の年始に、約1年闘病生活を送ってきた父が亡くなりました。年末に急変し、あっという間でした。家族、子供を生き甲斐としてきたような、とても優しい父でした。

もうマラソンどころではなくなりましたし、正直、出たくないという気持ちを抱えたまま、レース前日を迎えました。

1ヶ月全く運動をしておらず、脚も壊れ、どれくらいのタイムで完走できるのか、わからない状態でした。

運動をしていなかったことからWGH Proからも遠ざかっていたのですが、

出たくないとしながらも結局は出走することに決めた前日に、久しぶりに1包飲みました。当日、スタート前に2包。


レースは25kmまでは、予想外に良いLAPで進めました。

WGH Proが効いたのかもしれません。27km付近でも1包飲みました。

30km過ぎからは4'30/kmに落ちました。

でも、このまま緩やかにペースが落ちつつも最後まで脚が動きそうだ・・・と、楽観的に考えられるほど快調だったのです。


でも、そんな簡単だったら誰も練習なんかしないですよね。

34kmからはついに両ふくらはぎが鉛の塊のように感じました。

1km毎の距離標識が現れるまでの、なんと長いことか。


父の最期を思い出しました。想像できない絶え間ない痛み。でも最後まで気丈だった父。ひょうきんなところも見せてくれた父。私にはゴールがあるけど、父にはゴールはなかった。「迷路にいるみたいだ」。


沿道の人に、3位だとか2位だとか4位とか言われ続けてきて、たぶん3位かなとほぼ確定したのが39kmの折り返し地点でした。

40~41kmで久しぶりにLAPを見ると4'58/km。まだまだ落ちていきそうです。自分の後続と思われる女性は、山で強いことで有名な50代の方だったと思います。

「こわい。あと3kmもあったら追いつかれそう」。

後ろを振り向きたくない、振り向いたところで振り絞って出せるものが何もなかったから。

ペースが落ちるとか、上げたいとかではなくて、ただ、前に進むことだけしか、できることがない。だから、ただ、前に進むことだけに集中しました。


一度通り過ぎてからとても遠かった大会会場にようやく辿り着き、3時間4分台のタイムウォッチとゴールゲートを見てゴール。ゴールの瞬間は

「終わった。完走できた。完走できてよかった」

という気持ちだけでした。

ゴール後は、普通に歩けないような状態。ボランティアスタッフの方々のあたたかい対応に迎えられて前へ進みます。

すると、思っていたよりもずっと上のタイムと順位であることがわかりました。2位の方とは12分もの大差がついていたのですが、

WGHメンバーのみんなにも喜んでもらえたことで、うれしさがこみ上げてきました。


帰り道にもWGH Pro2包。寝る前にも1包飲みました。

酷使してしまった身体でしたが、翌日のダメージは意外な程、軽度でした。


いつもマラソンの結果を伝えると本当に喜んでくれて、

入賞賞品をプレゼントするとずっと大切に使ってくれたり、

自分のサークル友達にちょっと自慢したがったり、

私の身体を心配してくれたり。

私の初サブスリーの時、2度目のサブスリーの時、家族の年次イベントとなった函館ハーフ。父の応援がいつも、沿道にありました。

そんな父がもういない。寂しい。幻でもいいから、応援してくれる父に会いたいです。

またいつか。

SN3I0035.jpg

写真は、2009年の宮古島100kmウルトラ遠足を一緒に走った、WGHRCの藤田さん(右端)の携帯で撮ってくださったものです。

一緒にレースに出場した、宮古島ウルトラチャレンジ2期生の新井拓也君(左端)とWGH Proの開発者である日清ファルマの鈴木さん(左から2番目)も一緒です。

とてもよい記念になりました。ありがとうございます」

(レポート/小田有希子さん)


小田さん、完走レポートありがとうございました。

辛く哀しい思いを抱えながら42.195kmを走り切った小田さんの力強い走りと、熱い思いが伝わって来ました。

3位入賞、本当におめでとうございます。

お父様のご冥福を心からお祈り申し上げます。


■小田有希子さんの湘南国際マラソンでのタイム

ロスタイム    0'20(※)    sprit

0-5km      20'42       21'02

5-10km     ?21'08       42'10 

10-15km      21'05      1:03'15

15-20km      21'13      1:24'28

             ★Half 1h29'13

20-25km      21'36      1:46'05

25-30km      21'52      2:07'57

30--40km     45'27      2:53'21

Goalまで2.195km 10'45    (G)3:04'06  女子総合3位

(※)ロスタイムは、小田さんの手元の時計によるもの。

公式のネットタイムのロスは0'12


TOPPAGE  TOP